twitterよりちょっと長いの

せっかくだから書き残すよ。

インターンシップでピクシブ百科事典をいじった話

f:id:AIN0204:20160317114035j:plain
ここ数日、ピクシブ百科事典に他サービスへの導線(広告)が増えたとは思いませんか?*1
私 が や り ま し た。

あぁ、私がやったとも。
手心を加えるつもりなどもとよりない。
増やして悪いが、課題なんでな。許してもらおう。

というわけで、3/14(月)から3/18(金)の5日間で開催された
ピクシブさんのインターンシップに技術職として参加してきました。

recruit.pixiv.net

どんな内容だったか、参加してどうだったのかについて思うままにつらつらと書きます。
次、インターンシップに参加しようと考えている人の参考になれば幸いです。

■ どんなインターンだったんだい?

平日5日間の実務体験寄りな内容でした。
実サービスで発生している課題に対して、チームで解決策を考えて実施するというもの。
課題内容はチームによって異なり、私が配属されたチームは「百科事典改修チーム」でした。
また、人員構成もチームによって異なり、私のチームは技術職3人と総合職1人の4人チームでした。

「百科事典改修チーム」の目標はピクシブ百科事典から同社他サービスへの流入数を増やすことです。
なんと、本課題では実際に動いているサイトをいじることでき、実際に変更を反映させることができました。
実サイトに変更を反映させて、データ収集して効果を見るわけです。
自分の書いたコードが実際のサービスに反映されるってのは怖くもありますが、嬉しいですね。

チームの構成は前述の通り、技術職と総合職で構成されています。(チームによってはデザイナーも)
総合職はGoogle アナリティクスで数字を見ることができ、データ分析と進捗の管理をやってくれてました。
無論、技術職も改修案を考えるには参加しますが、基本的にはコーディングがメインでした。
あと、各チームにそれぞれにメンターさんが付いてくださっていました。
作業が膠着状態に陥ることもありません。ありがとうメンターさん!!!!!

■ で、5日間何やってたんだい?

百科事典の基本的に他サービスへの導線改修がメインに作業していました。
初日に話し合ってみたところ、流入数を増やす上で「他サービスへの導線が少ない」、
「数少ない導線はページ下部にあって、そこまで見ないよね」など様々な課題があることがわかりました。
それを踏まえて、導線を増やしたり、目につきやすいところに持ってきたりしていたわけです。
具体的にはpixivに投稿されたイラストの表示領域を大きくしたり、
BOOTHやpixivコミック/ノベルへの導線を追加したりしてました。
f:id:AIN0204:20160322025835j:plain
百科事典はPC版とスマートフォン版がありますが、
今回は時間も限られているので利用数の多いスマートフォン版を重点的に手を加えてました
コーディング以外にも、データを見て改修効果の有無を検証する必要があるわけで、
時間的にタイト。難しい。

■ 結果はどうだった?

色々頑張った結果、部分的に目標を達成できました。やったぜ。
もともとpixivコミックなどへの導線が設置されていなかったので、
pixivコミックなどへの流入数は設置した分だけしっかり増加してくれたみたいです。
BOOTHに至っては百科事典経由で商品が売れたってんだから、素晴らしい。
ただ、最終的に「こうしたら増えました」という結論までしかたどり着かず、
もう一歩踏み込んで「今後ここをこうしたらいいっすよ!」というところまでいけなかったのが惜しいなぁ。

何はともあれ、アレですよ。数字は増えたんだ。
グレートですよ こいつはァ

■ それで、何か得れたのかい?

参加することで貴重な体験をすることができ、様々なことを得ることができたんじゃないかと思います。
大分すると以下の3点ですね。

  • 実際に動いているのサービスをいじる経験ができた
  • 総合職と働く経験ができた
  • ピクシブさんの雰囲気をより知ることができた

まず、実際のサービスのソースコードに触れ、変更を反映させることができたことは貴重な体験でした。
私自身、バイト経験もなく実際に動いているサービスのコードを拝む、ましてやいじる機会など無いわけで、
「こんな風に書かれて、こんな風に管理されていているのか。」と勉強になりました。
また、変更に気づいたユーザがいると聞いたときは嬉しかったですね。
実サービスを触らせてもらえたからこそできた体験です。

また、総合職の人と働くことができたのも新鮮な体験でした。
もし、総合職と技術職が組んで動くとこんな感じの働き方になるのかイメージを持つことができました。
ただ、どこまでが領分か分からなくて手を出すことを躊躇する場面があったりして、反省点ですね。

最後に、今回参加することでピクシブさんの雰囲気をより知ることができました。
逆求人などで何かとお話を聞く機会は多かったのですが、
実際に見て感じるのことでよりピクシブさんを知ることができたんじゃないかなぁと思います。
同じオフィスで一日中作業することはもちろん、インターン生ながら全体会議にも参加できて、
どんな雰囲気でどういう働き方をしていらっしゃるのかを知ることができました。

あと、これに限った話じゃないですが、インターンに参加するたびに力不足は感じますね。
百科事典はPHPがメインだったので、PHP力が求められると思っていましたが、
それ以上にGit力が必要だったなぁと痛感しました。
既存のコードから"Git grep"で必要な部分を探しだす力が必要ですね。
質問に対して嫌な顔ひとつせず答えてくれたメンターの方とチームメイトに感謝ですね。

■ それはよかった。最後に言うことあるんじゃないか?

貴重な経験をさせていただけたピクシブ様に圧倒的感謝です。
味噌汁。美味しかったです。
今回、学んだこと、反省点を今後に活かして頑張っていきたいと思います。

それでは。今回はこのあたりで。

*1:もう、元に戻っているかも知れませんが